りえぞの・今宵も作でひとりごと♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 爽やかな新酒の緑「群馬泉」島岡酒造さん訪問

<<   作成日時 : 2011/01/29 10:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「群馬泉」、島岡酒造さん訪問の続きです。
画像

 タンクの中では、醪(もろみ)が静かに発酵しています。

 実は高所恐怖症の私… お蔵に訪問させて頂く度に、
自分は蔵人にはなれないなあと思い知ります。梯子を登るのが怖いんです。。
 でもタンクの中を覗きたい。
 「面白いのに〜、絶対見たほうがいいですよ」
の、島岡専務の声掛けに、やはり見に行ってしまうのでした。
(こうしてどこに伺っても結局は覗きに行く)
画像

 「わあ… …」
 やはり、見せてもらって良かった…
 ぷく、ぷく、と炭酸ガスが発生しているさまは、
なぜかすごくかわいい。子供みたいだなあ、なんて思う。
 いのちが生まれているのを目の当たりにしているよう。
 実際は、目に見えないものたちの、
激しい生命のサイクルが行われているのだろうけれども。
 酒好きにとっては、いとおしさががんがん迫ってきます。
 
 酒母の味も見させてもらいました。
 甘酸っぱく、口の中ではじけるような清涼感があります。
  
 この日は、留添えの作業の様子も見ることができました。
 豪快で手早く、下から見上げていると迫力を感じます。
 機械に頼り過ぎない手作業の仕事です。
 
画像

(せっかくの新酒の色がこの写真ではよく分からないのが残念です) 

 新酒を汲んでいただきました!
 思いがけないことです。
 なんという幸せ。

 それは…
 うっすらと緑がかっていて、
 利き猪口のなかでキラキラと輝きをたたえていました。

 ひとくち。
 なんという清々しさ。ぴいん、と一本筋の立った、
まるでそう、青竹のイメージというか…


 水の質にもよるところも関係しているかもしれませんが、
新酒によるところの、こうした緑色は、
良いお酒が出来上がったことの表れと言われているそうです。

 
画像

 酒造りのための仕込み水は、すべてお蔵の庭の地下から湧き出る
井戸水が使われています。
 井戸の中を見せてもらいました。

 「こうして、使っても使っても水が自然に湧き出てくれるというのは、
本当にありがたいことです」と、島岡社長は静かに仰っていました。
 以前、井戸内で補修作業をしていたところ、
いちど空にした井戸の水が後から後から溢れてきて
大変だった、というようなエピソードがあるそうです。
 
 前回伺ったときに聞いて深く感動し、
決して忘れることのできない話です。

本来は共存しないと言われている2種類の乳酸菌が、
島岡酒造さんの酒母室では仲よく一緒に住んでいることが
化学分析で分かったのだそうです。
 しかしそのあとに起きた大きな火事で、蔵は燃えてしまった。
 火事のあと新しく建て直した酒母室。初めての山廃造りのなか…
あきらめかけていた蔵付きの乳酸菌が、戻ってきた!!
それを表す数値がはっきり出た、その瞬間、
蔵の中は喜びで湧きたったそうです。
 
 芳醇な湧水。
 火の中でも決して絶えなかった乳酸菌。
 島岡酒造さんは、酒造りの神様に強く愛されている。
画像


 さてこれは本当に余談ですが((笑)、
島岡専務はすべての作業において酒造りに自らが
深く関わって蔵で精力的に働いておられる方です。
 その島岡専務が仰るには、
「最近長靴でずっと作業していたら足の裏が痛くなってきて、
どうしたんだろうと思っていたら、しもやけだということが分かって
ショックだった。今までこんなことなかったのに…」と。
 専務と私は確か同い歳。ということが信じられないくらいに
若々しい方なのですが、
(奥様も。化粧をしなくてよい素肌の美しさに見とれてしまう)
…しもやけになってしまったのですね(笑)
 (冬場の靴下3枚重ね履きは私はもう定番です)
 静謐なお蔵の中で、妙に可笑しくてくすりと笑ったエピソードでした。


 酒造りのお忙しいなか訪問をさせていただいて、
今回も本当にありがとうございました。
 改めて、酒造りへの畏敬の念を持ちました。
そして、大切に扱い、美味しくお客様に呑んでいただきたいという 
お店のこころざしを新たにしました。


 最後に、島岡社長が仰っていたお話を書きます。
 そこにいる誰もが、深く頷いていました。

「日本酒は、誤解されてるなあと感じているのです。
若いひとは日本酒をあまり呑まないですよね。
外国でも誇れる、本当はそのくらいの良い酒なのに」

画像

 島岡専務の奥様は味噌造りの名人。そのお味噌を頂いてきて、
 晩酌に牡蠣の味噌炒めを作りました。群馬泉「初しぼり」と合わせて。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
爽やかな新酒の緑「群馬泉」島岡酒造さん訪問 りえぞの・今宵も作でひとりごと♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる