りえぞの・今宵も作でひとりごと♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 神亀真穂人・五百万石田植え2011年

<<   作成日時 : 2011/06/05 18:10   >>

トラックバック 0 / コメント 2

今年も神亀・真穂人の田植えに家族で参加させてもらいました。
 参加希望者が毎年増えて今かなりの人数と聞きましたので、
今回はお世話になっている酒屋さんの女将さんと、家族のみで
参加させてもらいました。神亀ファンのお店のお客様にお声を掛けられず、
ごめんなさい

 今年で4回目の参加です。
 神亀の田植えが作にとっての初夏の声、
夏の始りです。

 
画像

  

美しい新緑に囲まれ水面がきらきらと美しいです。

画像


田植えには毎年子供も多く参加します。

あまりにも、可愛らしい…
画像

東京で育ったうちの息子たちは、初めて田植えに参加した年
「泥に足を入れるのが気持ち悪い」と言っていました。
今では何の躊躇もなくなりました。

田植えの様子はすべてマスターが写真に収めました。
そのころ私は炊き出しの準備にまわりました。
野菜を洗い、鉄板焼き用に適当な大きさに切っていきます。
田んぼの持ち主である石井恒治さんの手がける無農薬野菜は、
切り口から青々とした香りが立ち上るほどに濃く、新鮮です。

その間にも一升炊きのお釜が次々と炊き上がり、
ひたすらおにぎりをにぎっていきます。
子供を育てるまで、まともにおにぎりを握れなかった私です。
目の前の分かりやすい刺激や楽しさにばかり
気を取られていた若い頃、
おにぎりがにぎれることの大切さなんて考えもしませんでした。

思えば子供の頃私が食べていた
母の作ってくれていたおにぎりは、
どこの誰にも負けないくらいに美味しかったのに。

今でも軽薄な自分を感じることはよくありますが、
おにぎりを三角形ににぎることが出来る、それだけで、
それでもまともなってきたような気がして、
ホッとしたりするのです。


今年も豊穣を願って、神亀で乾杯します。
画像


乾杯の挨拶で小川原専務は、被災地の復興のためにも、
我々が停滞してはいけないということを力強く語っておられました。
元気である私たちが日々を積極的に活動して、
そして美味しいお酒を大いに呑み、
前を向いて生活していくことがとても大事なのだということを…
画像


今年も親子ともに学ぶことの多い、神亀酒造・真穂人、五百万石の田植えでした。
参加させて頂き、本当にありがとうございました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
たった一個であろうと食べる人のために気持ちを込め、食べながら拵えてくれた人の気持ちが伝わる。
米喰い民族にとってこれ以上のソウルフードはありませんから、おにぎりではなく「おむすび」と呼びたいです。

しかし、真穂人って、神亀で一番気難しいお酒かもしれませんよね。
その代わり練れた時には、ホント、スリスリしたくなるような…。
或る意味専務の分身?(笑)
燗酒おやぢ
2011/06/05 19:09
 おやぢさま、コメントありがとうござい
ました。そうですね、おにぎりではなく、
おむすびと呼びたいですね。これからは
なるべく「おむすび」と言ってみようかな。
なんともあたたかい響きですよね。
真穂人、あの個性は確かにあの方に
とてもよく似てらっしゃいます〜〜
座布団一枚ですわ
でもスリスリしたら頭はたかれそうです(笑)
りえぞ
2011/06/10 16:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
神亀真穂人・五百万石田植え2011年 りえぞの・今宵も作でひとりごと♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる